ココロミにきみ

本と体とプログラミング

本 街場の平成論

「街場の平成論」内田樹さん他、8名による平成を語るアンソロジー

よく、バブル崩壊後に「失われた20年」とか言うけど、個人的には全く実感がないが、何となく世間に「失われた感」があることは感じる

普通はそれを「経済の話」として語られているところに、内田さんが新たな補助線を引いたら、「今までの『失われた感』には、足りてなかった要素」が見つかった

それは「アメリカからの・・・」という視点

* * *

第二次世界大戦後の日本は、欧米諸国に追いつけ追い越せでがんばってきた

アメリカの傘下においての平和、アメリカ追従を面従腹背でしてきたら、奄美や沖縄が日本に返還された

その後、日本の経済発展はピークを迎え、アメリカの国土が二つ買える!というフレーズが流行るまでになり、金で・・・が買える!というイメージも生まれたかもしれない

その流れを踏まえた上での「バブル崩壊」を想像してみる

・・・失ったのは「経済」と、

 * * *

個人的な平成の感覚をいうなら、「自分一人」で社会全体というか「市場」と戦わなければならない、というイメージと共に生きてきた気がする

昭和の残り香がある頃までは、「国」や中間の組織として「共同体」のイメージが強固にあって、そこに「属していること」と「属している感」が、一人ひとりの人にとって、物理的にも心理的にも、大きなプラスに働いていたんだろうなと思う

もちろん実際には会社に入ったり、家族がいたりで、なんらかの共同体や組織にいるわけなんだけど、それが最終的に絶対安全を保障してくれるようなものではない、というイメージは常にある気がする

* * *

また、情報がいつでも手に入るものになったことが、「具体的な名前や数値を覚えない脳の使い方」に自分がシフトしてきたように感じる(単なる老化もある)

代わりに、質の高い情報がどうやれば手に入るか、情報をどう組み合わせるか、どうアップデートするかなど、流れとの向き合い方に頭を使うようになった気がする

しかし、そうやって工夫して外から手に入れた情報をあれこれ加工しても、その行為に未来はあるんだろうか?という思いもあり

* * *

ざっくりまとめると、頼るものが自分しかなく、さらにその自分の心が拠り所とするものが不確定である、というものすごい時代に生きているのかもと

逆に言うなら、この2つがこれからの個人的な課題になるんだなと

・自分の体を外から守ってくれる、自分が属する集団を複数作ること

・自分を内側から守ってくれる、心のあり方をいろいろ試すこと

* * *

日本人にしか通じない「平成感」を使って、自分で過去と未来を考えるのは、なかなかいい訓練だったと思う

その成果がちっぽけなものであっても

本 創造&老年 横尾忠則と9人の生涯現役クリエーターによる対談集

 「創創造&老年 横尾忠則と9人の生涯現役クリエーターによる対談集」横尾忠則さん他

横尾さんが80歳になるのを機に、自分より年上の現役クリエーターたちに、現役でいられる秘密をテーマとした対談集

・・・横尾さん他9名の言葉を通して、芸術家という生き物の生態を垣間みた

* * *

 一般に流布している(と思われる)「芸術家が孤独で、あまり世の中に関わらず、他にそんなに楽しみも要らない」というイメージはそんなに間違ってなかった

なぜなら、彼らは創造に向き合うなかで、日々、自分の大変化を経験し続けていて、その快感を味わうプロセスに、生を費やしているのだと

* * *

筆者曰く、その創造の源は、社会風潮や科学技術や政治といったものではなく、自らの体や自然、宇宙に偏在する力であり、

その見えない力を「自分の体というツール」を介して取り出し、新たな形を与えていく作業が日々の仕事(といえば仕事)になるのだと

・・・この話を読んで思ったのは、座禅の師匠も同じことを言っていたなと

「座禅は人間が自らの意思で上手に自分の体をコントロールすることではなく、最初から各々の体に備わっているものを、(意識を介さずに)十全に生かすことだと」

・・・ということは「座禅という生のあり方」は、もしかしたらその「生き方を一つの作品」と呼んでいいのかもしれない

閑話休題

・・・改めて考えてみるけれど、芸術家の作品というのは、世の中一般の仕事の成果と呼ばれるものと、全く違ったプロセスで作られていた

* * *

まず、毎日変化していく芸術家自身が作品の前提条件になっている

一歩ずつ何かを作るごとに自分の中での変化が呼び起こされ、その新しく変化した自分が次の一歩を決める

無限ループのような「自身の変化の快感」の中に芸術家たちは喜びを見つけ、その変化と共に作品と呼ばれるものが形を現し始め、ある所で芸術家は終わりの印を見つけ、その作品は手を離れる

* * *

・・・そう考えると作家にとっては、創作すること自体が喜びであり、仕事であり、自分の成長であるという、(食べていければ)ものすごく幸せなループにいるんだなぁと

そりゃ、そうやって生きられれば長生きするだろうなと思う

逆に何らかの病気や怪我で創作が続けられなくなったら、全ての喜びと幸せが断たれた芸術家は生きる意欲もなくしてしまうだろう

* * *

・・・みなが芸術家として生きれないにせよ、芸術家の仕事の仕方が(今までよりも)求められる時代になってきていると思う

大量生産で出来ることにも、検索できることにもみんな飽きてしまって、それ以外の選択肢が必要な場面で、この仕事の仕方で作られたものがその回答になるだろうと

生き方としても

本 アウトプットのスイッチ

「アウトプットのスイッチ」水野学さん著

ガ○ーシャ: なんや、みず(の)くさいなーキミ!(ワシ、才能しかないわ)

なんでこの本出すのにワシに声かけへんのや?

言うてくれればいくらでも友情出演したるがな!それがいらん??はっ??

えっ?お代??それ、ほんまに、ほんまにワシに言わせたいん??

・・・し・ら・たっ、・・・できん、神様は人間に強要できへんのや!!

 * * *

みずのくんなー、キミいいことゆーてるよ、ほんま

「〜っぽさ」って大事やわ〜

鼻水のズルズル感って、風邪っぽいもんなー

えっ?シズル感やろ?このセンス、伝わってない!?

* * *

でもあれやな、ほんまはキミ、書いてることと違うことが大事やて思てるよな?

福岡センセーとの対談で言うてるもんな、

「アウトプットをめっちゃ良くすると、それがジブンの新しいインプット」

ちゅーことやもんな

そらおもろいインプットのためにがんばるわなー

* * *

もひとつ言うならキミ、マップ・ヘイータやろ?あっ、ヘイターやな

ヘイータって、イタリア人いそうやな

小さいヘイータは町の嫌われものでした、しかしある時・・・

・・・止めるの礼儀やで!?

* * *

アウトプットのスイッチ (朝日文庫)

アウトプットのスイッチ (朝日文庫)

 

 どこまで話ししよったっけ?

うん、だから、あれやろ、あれ、ボケてないで!まだ!まだっ!!!

あっ、マップ・ヘイターやな、それそれ、教えてくれておおきに

それなにかって?・・・地図ぎらいってことや(ワシもさっき知った)

どう繋がるかって?

あれやん、お客さんからお題をもろたときにさ、「それって本当はな〜に?」ってチコちゃんみたいに根っこから考えるわけやん

なんや知らんけど「これは○○なんだ!」ってなったら、じゃ「それのどこ磨いてく?」ってなってな

出たとこ勝負をつなげて、どんどん次いくやろ?

* * *

それって、タバコ屋の角を右に曲がったら、ネオンが光ってたからフラフラ〜って近づいてったら、脇道にネコがおったから挨拶して・・・みたいな生き方やろ?

そうやって進んだら、なんやよう知らんけど、おもろいとこに出よったわ!ってなって、「こんなん出来ましたけど?」ってお客さんに返すと喜ばれるっちゅーわけや

あれやな、それもう「生き方」と「仕事の仕方」が一緒やもんな

あこがれるわーそれ

* * *

わし、こーみえて、マップ・ラバーやねん、地図あいしとんねん

神様業界ランキング地図、めっちゃ気になんねん

えっ?無計画で、あきらかマップ・ヘイターの生き方やて??

よー聞いてくれた、待っとったで、それ!

神様やからとーぜん、全知全能ーやろ?やろ??

でも、全部わかっとったら、神生つまらんわな

野球の結果知ってから試合の映像見たないもんな、わかるやろ?

やから、全知全能の力で、自分の力をちょっと止めてんみんねん

で、あえて、あえて!目の前のことだけに「力」つかうよーにしてんねん

* * *

そのことを、みずのくんはよう分かってくれてるわけよ

この本はワシの禁欲的な生き方を褒め称える本、っちゅーことや

えっ、ぜんぜん違う?そもそも呼んでないし??

ワシにいいアウトプット(し○たま)をしたら、いいインプットがもらえ・・

本 学びを結果に変えるアウトプット大全

 「学びを結果に変えるアウトプット大全」樺沢紫苑さん著

この本ではないが養老孟司さんの言葉に、

「文武両道とは、勉強と武道の両方に秀でることではなく、文(INPUT)と武(OUTPUT)を回すことが大事なんだ」

というものがあった

その例として、赤ちゃんの発達過程の度合いの話がある

赤ちゃんはハイハイをし出すとぐんと発達し出すのは、「自分が動く(OUTPUT)すると、目に入ってくる景色がかわる(INPUT)」のループが回り出して、赤ちゃんの頭のなかに、「この世界がどのようになっているかのモデル」が構築されるからだと

この話から考えると、寝たきりになると人がいっきに衰弱していくのは、体力の話だけでなく、INPUT & OUTPUTループが回せなくなることが、人間にものすごいダメージを与えているからかもしれない

閑話休題

 

* * *

この本では、そのINPUT & OUTPUT ループが大事なことは前提の上で、

「じゃあ、アウトプットの仕方をとことん考えて、百科事典のようにリストアップするからみんな実行してよね?」ということが書いてある 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 記憶に残ったのは、INPUT & OUTPUT の比率を変えるんだ!ということ

「 INPUT & OUTPUT = 3 : 7 」が効率がいいんだと

ちょこっと前提知識みたいなのを仕入れたら、あとは実際に何かを作ったりしながら、必要に応じて知識を吸収していくやり方がいいんだと

* * *

これはすごく実感がある話で、

「やりたいことが先にあって、それを前のめりにスタートさせて必要な知識は途中で拾っていくという時は、アウトプットが面白いものになる」

逆に

「知識を一通り仕入れてから、その知識のなかでできることをしよう、という時のアウトプットは一見整っているけど、面白くない」

これはアウトプットの話というより、生き方の話ではないかとも思う

 

* * *

脱線さらに:この本を読む一年前に、2ヶ月ほどヨーロッパを旅したとき、

「サービスを受けるときに、受け手側に残された自由度の差」

というものをすごく実感した

例えばヨーロッパでホテルに泊まったときには、こちらから「私は○○がしたいが、どうしたらいいか?」と尋ねないと、なんのサービスも起こらない

一方で、勝手にやりたいことをやっていても、それが「人間として普通の行為だよね」ということには、ほとんど文句を言われない

受け手側のアウトプットを尊重しているし、求められているとも言える

このギャップを感じたということは、「日本では受け手側の自由度が許されてない」=「受け手にアウトプットが許されてない」社会なんだと

・・・この本が必要とされるわけだ

閑話休題

 

* * *

この本はある意味「執拗」に、アウトプットを日常生活に取り入れる方法を限りなく書いている

そんなにたくさんやらんでも、ええんちゃう?って最初は思っていたが、

・・・「いや、これは必要だ」と感想を書いてる途中に気づいた

これは「意識の扱い方の本」でもあって、「意識では何が大事なのかを決められない」という話が前提なんだと

つまり、「アウトプットが大事」ということを「認識」しても、「脳」にとっては「まだ大事になっていない」ということなんだと

脳に「アウトプットが大事」って分かってもらうには、まさに「行動」しかない

この本のように、ひたすら「アウトプットがサイクルに入っている人生を送る」ことで初めて、脳が「ああ、アウトプットってどうやら大事らしいね、覚えておくよ」ってなるんだと

そうなったら、あとはほっといてもアウトプット中心の人生を送れるようになって、著者のいう幸せな人生を送れるようになって、この本をめでたくご卒業になると

この感想もその一つ

 

本 コミュニティ ナース

「コミュニティ ナース」矢田明子さん著

 キャッチコピーをつけるなら、

ご本人たち「白衣を捨てて街にでよう」

受け取る立場「白衣、遠方より来たる」

「病院」という閉ざされた空間から出て、町や村の人たちと顔見知りになり、人としての関係の中で健康の手助けをする「コミュニティ・ナース」が現れた

* * *

日常のちょっとした健康不安、家族が入院したときの気持ちの落ち着かなさ、そういうことを雑談のように相談できる人がいるのっていいよなー

 この、コミュニティ・ナースって、すごく価値ある存在だと思うんだけど、なんで今までなかったんだろ?

たいていの病気(問題)って、初期段階で対処すればするほどトータルでコストが下がるから、未病とか初期の段階で専門的な知識を持った人と相談できる仕組を、自治体レベルで実施する話にならなかったんだろうか

コミュニティナース ―まちを元気にする“おせっかい”焼きの看護師

コミュニティナース ―まちを元気にする“おせっかい”焼きの看護師

 

* * *

著者が言ってるのだけど、むかしは保健師さんが、このコミュニティ・ナースと同じような役割を担っていたそうな

それがいつの頃からか、健康問題は「病院」という閉ざされた空間内だけで対処されるものになってしまった

* * *

保健師さん以前もきっと村で一番の物知りとか、漢方の専門家や、もっと昔ならシャーマンのような存在がいて、その共同体全体をみる人たちが常にいたんだろうなと思う

ただ、その全体を見ている人の

・存在意義がお金で計算しづらい(健康相談と雑談との区別が難しい)

・場所が不明だから管理しずらい(役所側からみたら)

エビデンスがない(誰も統計をとったりしない)

という近代化の理由で消えていったんだろうなーと想像する

しかし、そういう共同体全体をみる存在がやっぱ必要じゃん!って、なくなって何十年かしたら、みんな思い始めたんだろうな

その復活の狼煙を上げたのが、著者たちであると

* * *

この仕組みが発展していくなら、教育や宗教でも、同じようにコミュニティごとの面倒みる人が出てきてもおかしくはない

・コミュニティ・ティーチャー

・コミュニティ・リリージャス(?)

みたいな

人間の納得できるサイズ感って、やっぱコミュニティぐらいで、それを超えた統一的な尺度(全国レベル)で仕組みを作り出すと肌に合わなくなって、結局コミュニティ・サイズで同じものを作り直すことになるんじゃなかろうか

本 夢をかなえるゾウ

 「夢をかなえるゾウ」水野敬也さん著(2007初版)

<以下妄想>

* * *

なんやキミ、こないに時間たってから読んだんかいな

で、どやった?

えっ、おもろかった?

精神論がなくて具体的なのがいい?

・・・わかっとる、おまえわかっとる、ほんま見どころあるわー

しらたま食べる?

えっ、なんやて?

本が出て10年以上、すごい数の人が読んでる??

そらま、そうやがな、わしが教えたったんからな

おまえセンスいいわー、誰に習たん?誰に?

・・・ああ、わしか

いま気づいたけど、わし凄すぎるわー、すごすぎて誰も想像つかんわー

な?な?な?

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 なに?「夢をかなえたゾウ!」がどんだけいるのか?

・・・おまえ、ほんまは神サマ敬っとらんな?

あれやがな、あれ

最初に言うたやろ

約束守られへんやつの運はぜーんぶ、守るやつにあげてまうって

わし、ちゅうとはんぱ嫌いやねん

なに?

日本はだんだんダメになっとる?

まっ、なんやら暗なった気するな

なんか足りひんのとちゃうのかって?

・・・美味しいしらたま

えっ?ここ笑うとこやで?なに黙ってん?ほんまイケてないわー

・・・わかった、わかった、ほんまのこと言うたる

わしが一番やったらかんことは、キミから考えるチャンスを奪うことや

つまりや

わしはあえて、あ・え・て、足りひんように話したんや

最後はじぶんで考えてくれるってな

・・・めっちゃ信じてんねん

うわー自分が二枚目すぎて鳥肌たつわー!・・・ゾウ肌やけどな

 

・・・キミ、まず適切に笑うところからやな

本 徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

 「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」ちきりん著

ーー 自分の我慢が分かってしまう本

* * *

親が実家をリノベしたいと言っていたので、事前調査にと読み始める

図らずしも、自分が衣食住の「住」に関しては、住宅供給側の「都合」に当然合わせるものだと思って生きてきたことを知る

たとえば、リフォーム後のちきりんさんの間取りは、

「洗濯機&乾燥機と、クローゼットと、洗面所が一つ部屋にある」

・・・そんな間取りみたことない!

家族で暮らすときには合わない間取りだけど、一人暮らしで、一人分の衣服量であればものすごく使いやすい

* * *

逆に自分を含めて、なぜ「住」だけみんな我慢しているんだろう?

衣・食は自分の好みに合わせるのが普通なのに!

って考えると、この本が今までになかった理由に結びつく

* * *

つまり、家を買うとかリフォームするという人生の大仕事は、経験があっても「一度くらい」で、それを一般化できる人がいなかったんだろうと

そこに、「ちきりんさん」という「根本から考えることのプロフェッショナル」が組み合わさって、初めて言語化されたんだなと(単なる体験談なら既にあった)

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

 

 * * * 

もう一つ本のなかで面白かったのは、(リフォームの話から飛ぶけど)全ての仕事を

・等価交換型取引

・共同プロジェクト型取引

という視点で分けて考えること

 ーー 前者はたとえばスーパーで商品を売るような取引

 ーー 後者は、医者や教師、コンサルなどの顧客側の協力が必要な取引

後者の具体例でいうなら、たとえば「患者は医師に対して、どこが悪いのか、いつから悪いのか、どういう生活を送っているのか、どういう疾病の経歴があるのか、など情報をきちんと提供すればするほど、医師の判断基準が正確になり、結果、治療を受ける患者の利益が最高になる」というタイプのもの

* * *

リフォームというのは当然この後者に属する取引で、リフォームをしたいのなら、

「いくら予算をかけるつもりで、何を目指したリフォームで、何は譲れなくて、何は譲れるか」

を正確に言語化して、相手に伝えられるほど上手くいくと

逆にいうと「単に値切ろう」とか「お金出すんだからお前だけで考えろ」ってすると、全然満足が得られない結果になると

だからこの本みたいなので顧客側が学んでおくほど、自分の利益が増えるタイプの取引なんだなと

* * *

余談だけど、この後者の「共同プロジェクト型」取引のマインドを持っている人は、リフォームに限らずいろんな場面において、「ちょっとだけ余分に幸せ」になりやすいだろうことも想像がつく