molingitのブログ

本の感想と体の感覚

「アートクレイシルバー」と「スワロフスキー」でアクセサリDIY

「アートクレイシルバー」と「スワロフスキー」でアクセサリを作るDIYのコツ

 

f:id:molingit:20181017092010j:plain

 *night princess 

出来上がりは親指の爪くらいなんだけど、綺麗に作るのは本当に難しい。アートクレイはどんどん指や作業台について乾いて無駄が増えていく。

いくつか失敗して、型を作ることを思いつく。消しゴムに「月の形」を彫刻刀で掘って、そこにアートクレイをはめ込んでいく。

* * *

スワロ スワロフスキー チャトン【pp18】【クリスタル】

スワロ スワロフスキー チャトン【pp18】【クリスタル】

 

そして、スワロフスキーを埋め込むと見栄えが全然違う!!ので、そのための穴を開けるのだが。ここにもコツがある。

30分。型にアートクレイを埋め込んでから、30分ほっておく。それくらいの硬さになってから穴を掘ると、周りのアートクレイが崩れずに綺麗な穴があく。中くらいのプラスのドライバをアートクレイの表面にあてて、かるーく回すことで穴が開く。

ダイアモンド型のスワロフスキーは、pp18のサイズが使いやすくて目立つ、ちょうどいいサイズだと思う。

* * *

 そして1〜2日乾燥させたあと、コンロの火の当たる部分で焼く。5分でOK。焼いてる途中にぼーっと赤色に光る。

ちなみに炎にずっとあてたり、手持ちのバーナーとかで温度を上げすぎると、銀がトロトロの液体になり、網の目を潜って下に落ちていき、大変あぶない!!(やった奴が言うから間違いない)

f:id:molingit:20181016214653j:plain

この後冷えるまで待って、鉄のブラシで磨く。最後にスワロフスキーは瞬間接着剤で。

初めてアートクレイを触る人は、焼き用の網と鉄のブラシの入っている初めてキットがオススメ。僕もこれを使ってあとからアートクレイだけ買い足している。

アートクレイシルバー はじめてキット A-171

アートクレイシルバー はじめてキット A-171

 

最初に紹介した親指の爪先ぐらいのものを作るなら4gぐらいで十分だが、少量のは割高なんだよねー。

水を含ませたティッシュとかと一緒に乾燥させないようにすれば、多めに買っても保存可能。あと、やっぱり最初はどうしても失敗するから多めに買うほうがいいかも。

アートクレイシルバー 10g

アートクレイシルバー 10g

 

途中の説明では省いたけど、ネックレスにするために板ダルマをアートクレイに差し込んでいる。タイミングはアートクレイを型にはめた後すぐ。

圧迫とかしなくても、焼成したらちゃんとひっついていたので心配なく。 

(SAJ) 板ダルマ 板カン ダルマカン(ホワイトシルバー)(10個)
 

 このダルマにバチカンをひっかけて、最後にチェーンにつないで出来上がり。 

【アクセサリーパーツ・金具】 バチカン・7mm(中) 銀色

【アクセサリーパーツ・金具】 バチカン・7mm(中) 銀色

 

これで世界に一つだけのものができあがり!

 さーて、喜んでもらえるかな?