molingitのブログ

本の感想と体の感覚

本 グーグルに学ぶディープラーニング

ディープラーニングがビジネスにどう使えるか、のまさに入門書。

A.I.機械学習ディープラーニングの違いを説明してくれる所から始まる。全体としてとても丁寧な説明で分からないということがない。

googleのトップ技術者たちによる説明と、実際の企業で使われている例で、技術的な現状の限界と実際に使われている現状がよくわかる。 

グーグルに学ぶディープラーニング

グーグルに学ぶディープラーニング

 

ディープラーニングを使う技術的な方法論として、

1.分野ごとに 完成(学習)されたディープラーニングAPIを通じて使う

2.TensorFLowというディープラーニングの型を使って自前で学習データを用意する

3.ディープラーニングの型から、学習データまで全て自前で用意する

他にもディープラーニング以外の機械学習を使う手もある。

 

現状では、1.のAPIを使う方法論ですら、それに対応できる社員がいる企業のほうが珍しいだろうから、今使うなら専門の会社に頼むことになると思う。本にもあるけど、ディープラーニングの手法はコモディティー化するから(エクセルレベルになるんじゃないか?)、使う宛先のアイデアが勝負になってくるはず。

 

本筋ではないけど、ニューラルネットワークの層の数が、それぞれ違う特徴量に対応していることを初めて知った。だから例えば、画像の数字認識くらいだったら、色の識別とかがなく形の要素だけなので3層程度以上層を増やしても正答率が上がらないのだろう。

そういうミニマムな手法レベルの具体性から、ビジネスの具体性まで全体像がよくわかる本だと思う。